トマトの今と収穫改善

トマトの近況報告です。

遅れていた作業も妻の頑張りのおかげで、ようやく追いつけそうです。

全ての作業が終わったハウスは自分で言うのもなんですが、ここまで綺麗です。

写真ではわかりづらいですが、実物は絵画の様で見ていて飽きません。僕だけかもしれませんが。

ぼーっといつまでも見ていたいのですが、見とれている時間も時が動いています。

でも、こういう一瞬をじっくりと味わう事も農業をしている醍醐味なのかもしれません。

いつも綺麗にして目でも味わえるトマト農家になりたいものです。

我が圃場も徐々に出荷量も増えてきて、1箱で20kgくらい入る出荷箱で2つくらいでしたが、昨日は6箱で、今日は7箱になりました。

少なくとも1箱で5000円以上で6000円くらいにはなると思いますので、徐々に収入も増えてきました。

増えるのは嬉しいのですが、これからがもっともっと収穫量が増えてきます。

僕の圃場はまだまだ小さいのですが、20箱を超えてくる日もあるかもしれません。

今の状況では嬉しい半面では悲鳴です。

それは収穫が凄くやり辛いからです。

2日に一回の収穫ですが、少しづつやり方を変えて、より良い方法、より良い道具を作り出しています。

今日作ったのがコレです!

出荷箱の上に青いカゴが乗っていますが、ずれない様に木で枠を作って青いカゴに固定しました。

制作時間は構想を含めて20分くらいです。

こういうのは思いつきで作ってしまいます。好きなんですね。

ここカゴはキズが多かったり出荷ができないものを入れるカゴです。

出荷できないものをどう分けるかも収穫のスピードを左右する要因です。

経験不足は道具でカバーです!!