早く起きる苦労と苦痛

今日は、昨日の疲れから朝に起きれるか心配でしたが、いつもより早く起きる事が出来ました。

農家になると朝に強くなるという事を聞いていましたが、朝が苦手な僕はどうなるんだろうと期待と不安がありました。

その反面では、目的がある日は異常に早く起きられます。

例えば運動会の日はワクワクして寝られないし、起きるのも開催を知らせる「のろし」が鳴る15分前には目がシャキーン!でした。

また、釣りに行くのなら寝ないでも行けるし、起きるなら2時でも3時でも行けます。

子供の頃に父親に連れて行かれた海釣りの経験から、瞬発的な早起きと釣りの面白さを学んだんだと思います。

これから本格的な夏秋トマトのシーズンがやって来ます。

例年以上に暑くなるかもしれませんが、そこで大事なのは朝の早い時間に作業をするという事です。

トマトは暑いと受粉能力が無くなってしまう?ようで、プロのトマト農家さんでも何段かトマトがならない事も少なくはありません。

ですので最低でも1週間に一度は3時に起きてトマトトーン(実をならせる作業)をやろうと思っています。

そういう努力が苦労なのか、苦痛なのか、実を結んだ時に結果として出てくれば少なくとも苦痛では無くなるのかと思います。

明日の為に今日やれることをしよう!

それは、早く寝ることですね。

おやすみなさい。